IC7300

2017/09/24
先週末、今週末じっくりIC7300を使ってみて感じたこと。
それまではYAESUのFT920で6mを運用してきたわけで
耳がまだ920の受信音に慣れてしまっているせいか、
微弱な信号(SSB)に対しては920の方が上回る感じ。
今日も7300で某局のCQをワッチしていたところ
どうしてもQTHの部分がよくわからない
コールははっきり受信できるのに。
そこで920にアンテナをつなぎ替えて聞いてみると
はっきりと聞き取れた。
信号の浮き沈みのタイミングもあるので一概に比較評価はできないが、
他のノイズギリギリ局やアンテナをずらして弱くしていろいろ
試してみたがやはり920の方がクリヤーかなぁ。
(SPは同じ外部SP使用)

モード切り替えについて
7300の場合SSBを運用中に他のモードへ移るときは
画面表示のSSBをタッチ→画面上に表示されたSSB、CW、RTTY、
AM、FMの中から選択。
920の場合は単純にパネルにあるモードのボタンを押すだけ。
つまりワンアクション多いわけで、これは知り合いの方にも
「面倒じゃない?」と指摘されたが当初は単にワンアクション、
さほど問題じゃないでしょ!なんて思っていたが、
使い込んでくると意外とこの操作が確かに面倒だ。
7300と920、サイズが違うのでまあこの辺のことは仕方ない(^^ゞ

RTTYの運用時
RTTY信号を見つけた場合、今までと違い
メニューからデコードを選択するとPCをわざわざ立ち上げなくても
画面にRTTYを表示してくれるので超便利。
これはとっても嬉しいのだが、1つだけ面倒な点は
そこから他のモードへ移った場合デコード画面は消えてくれないわけで、
手動で消さなければならない。これがちと面倒。
RTTYから他のモードへ移ったら自動的にデコード画面は
消えてもらうと嬉しい。これはちょっと残念な点かな。

一週間ほど使い込んでとりあえず感じた点です。

でも十分満足はしてます(^_^)
スポンサーサイト
comment (0) @ 未分類

今夜は山賊焼き~

2017/09/22
テレビで信州郷土料理(塩尻市、松本市)山賊焼きを見て食べたくなった(^^ゞ
基本鶏の唐揚げとさほど変わらないので作り方は簡単。

鶏のもも肉1枚(300g程度)を用意する。
厚みがだいたい均等になるように開き
肉の間に残っている油は取り除く(この処理をしないと
鶏臭いことがある)

つけタレ 基本は醤油、酒、ニンニク、生姜、本だし
あとはお好みで甜麺醤とか味噌とか?ご自由に。

DSC_1712.jpg

下処理をした鶏もも肉をタレに漬け込む。
最低でも3時間以上(とにかくがっちりと味をつける)

DSC_1711.jpg

DSC_1713.jpg

大皿に片栗粉を広げてもも肉の両面にまぶす。
あとは揚げるだけです。

DSC_1714.jpg


DSC_1715.jpg

味付けが濃いので下に生野菜を敷いてみました。
表面はカリッと!お肉はジューシー、なかなか美味くできあがりました(^_^)
ご飯が猛烈に進みます。
鶏の唐揚げと違い二度揚げすることもないので簡単です。
comment (0) @ 食

DSCW

2017/09/19
この3連休悪天候で出かけることもできず
家でゴロゴロ。
せっかくなのでいまいちよくわからなかったDSCWを研究。
とりあえずWIN10では最新版で送受信可能、
移動用のXPでは古いバージョンで送受信可能までこぎ着けた。
あとはソフト自体の使い方。
ヘルプとにらめっこしながらmacroの使い方も
ようやく理解(^^ゞ

素晴らしい!
これで全てがキーボードからのボタン ポチッでQSOができちゃう。
あとは人間様の耳だけ。
ソフトの受信解読力はやはり100%ではない。
癖のある打ち方や弱い信号では確実な解読はしてくれない。
ここはどうしても人間様の耳が必要。
これが一番の問題(^^ゞ
これだけは努力しかない。
当分はお知り合いとのQSOだけかな?

CWは苦手じゃぁーーーー
comment (0) @ アマチュア無線

台風一過だ!青空だ!

2017/09/18
昨夜の深夜は強烈な風と雨で怖かった~
アンテナさえなければもう少し落ち着いていられるのだが・・・。
おかげで今朝は寝不足、眠い!
でも青空が綺麗です。
近所の富士山スポットへ行ってみました。

IMG_4976.jpg

IMG_4980.jpg

富士山にちょこっと雲がかかって残念 ガク(;_;)
それでも雨が多かった今年の夏
久しぶりに富士山見たなぁ~
comment (0) @ 未分類

QSLカードにじみ対策

2017/09/17
QSLカードのデータ印刷はハムログ+インクジェットプリンターで
印刷してますが、QSLカードの用紙の種類によってはにじみが
生じてしまいます。レーザープリンターであれば大抵の用紙は大丈夫ですが
今回用紙の選択ミスでにじんでしまい参りました(^^ゞ
データ面(宛名面)は素直に上質系にしておけば良かったのにマット系を使って
しまいました。

プリンターはEPSON PX-105 低価格帯のカラープリンター使用です。
設定は普通紙標準

IMG_4972.jpg

ぎざぎざににじんでいます。

試しに設定を普通紙きれいにしてみました。

IMG_4973.jpg

さらににじみが酷くなります。
万が一これでうまくいったとしても大幅なスピードダウンで実戦向きでは
ありません。

次にだめ元で設定を普通紙標準から詳細設定でワンランク
グレードダウン(要するに汚い方へ)させてみました。

IMG_4974.jpg

おっ!にじみが解消されました(^_^)
ただし難点は印刷が薄くなります。
にじむよりはこちらの方がましかな?とも思いますが・・・
どうなんだろう。

ちなみに普段赤枠があるので印刷はカラーとなりますが、
これをグレースケース設定で印刷するとスピードアップします。
赤枠である必要はないと思うので大量印字の場合はグレースケールの法が
早く作業が終わりFBかと思われます。

しかし実際問題どうするかなぁ~
カード作ったばかりであと4000枚くらいあるし、、、(>_<)
格安のレザープリンター買ってこようかなぁ(^^ゞ
comment (0) @ アマチュア無線