IC7300_USB接続

2018/01/21
9月に7300を使い始めて
使い勝手の良さには満足しているが、
ただ一点悩みがあった。
PCを立ち上げると最初はきちんとドライバーを
読み込んでいる。その状態でUSBで接続されている
ソフトを立ち上げMMTYやDSCW等を運用しているときは
問題ないがSSBに戻ったり、別のソフトを立ち上げたりすると
ドライバーを認識していない。結局また再起動かけて
認識させるという非常に面倒だった。
ネットでいろいろ調べてみてもこれと言った解決策が
みつからなったが、だめ元でIC7300とパソコンとの
USBラインを変更してみた。
それまではHUBを通していたが、それを直接パソコンに
繋いでみた。
結果、理由はわからないけどどのような操作をしても
認識しないということは無くなった。
これでお悩み解決(^^ゞ
とても簡単なことだったが理由は不明です(^^ゞ
スポンサーサイト
comment (0) @ アマチュア無線

QSLカード印刷

2018/01/06
ハムログにデータは打ち込んであるが
まだ未発行分があったので片付けてしまおうと
印刷開始。。

去年、インクジェットもレーザープリンターも買い換えたわけで
さてどちらで印字する?
それまではEPSONの803A(インクジェット)でプリントしていたので
印字スピードの確認もしたかったのでおNEWのEPSON879BWで
印刷することにした。

結果・・・
ズバリ、こいつ使い物にならん!!
古い803Aの方が圧倒的早かった!
さらにカードが20枚しか入らない。
めんどくせぇ~(;_;)
写真はめちゃくちゃ綺麗に印刷できる点以外はNG。
とくにQSLカード印刷には使えません。

結局50枚近く印字したところで耐えられなくて
レーザープリンターへ乗り換え
200枚あっという間に終了しました。
ただ、熱を使うので排紙で丸まっちゃうのがなぁ~
まあ、その辺りは我慢するか(^^ゞ
comment (0) @ アマチュア無線

2017年度6m移動運用総集編

2017/12/28
今年の移動運用の画像をデジブックにまとめました。



4月千葉県君津市
5月山形県西村山郡朝日町
  山形県西村山郡大江町
  山形県東村山郡山辺町
  山形県山形市
  宮城県刈田郡七ヶ宿町
  宮城県富谷市
  長野県下伊那郡下條村
  長野県下伊那郡泰阜村
  長野県下伊那郡松川町
  長野県上伊那郡南箕輪村
6月長野県上伊那郡中川村
  長野県上水内郡飯綱町
  群馬県甘楽郡南牧村
7月岩手県釜石市
  岩手県大船渡市
8月岩手県北上市
  岩手県花巻市
  岩手県紫波郡紫波町
9月長野県上伊那郡箕輪町
以上20ポイントからの運用でした。
今年は7月以降天候に恵まれず殆ど移動に出られず
9月で終了してしまうという低迷、来年はもっと
遠征できるような気候になって欲しい~
comment (0) @ アマチュア無線

1エリア6mコンテストを聞いて

2017/12/23
今日は時間があったので6mAMコンテストを開始から
参加というかお知り合いに声をかけつつワッチしてみた。
いやぁ大盛況ですね

DSC_2043_zed20171223_103841_20p.jpg

送受のタイミングもありますがとにかくびっしり出ています。
IC7300で初めてまともにAMをワッチしましたが
なかなかFBです。とても聞きやすいし皆さん電波が綺麗(^_^)
これだけ混んでいても快適です。
CQをガンガン出されている方はさすがです。AMをよく熟知されているのか、
変調がどの局もよくかかっています。
お見事!!

ここからは変調リポート、コールサイン入り(^^ゞ
悪口じゃないから良いかな(^^ゞ
まず、この音質ならラグチューも疲れずにゆっくりできそう、
音質はソフトながらもがっちり音ものっている。かといって
低域が出過ぎることもないし音の曇り感もない、そんな印象を残してくれた局は
JR1UIE/1局とJA1CCX/1局

次はかちっとメリハリが効いてパンチ力があり
歪み感もなし。とにかくクリアー!
ラグチュー向きではないかもしれないけど
コンテストには効果的な音をだしていたのは
JP1LRT局

今回ざっと効いていた中でも最高に素晴らしいと
私的に勝手に感じた局はJP1LJH/1局。
低、中、高と非常にバランスのよい音が出ていました。
リグはいったいなんなのだろう・・・。

以上勝手に評価してしまいましたが
思わず書いてしまいたいくらい印象に残った各局です。
ほんと良い音だしているなぁ(^_^)

*もしコール晒すのは勘弁してでしたら即削除します(^^ゞ
comment (4) @ アマチュア無線

IC7300の送信音の調整

2017/11/15
IC7300を使い始めて1ヶ月程たった。
リグがFT920から変わって送信音のレポートをいろいろ
頂きました。受信側のRIGや聞いている人の好みもあり
千差万別(^^ゞ
低域がよく出ていてとても綺麗な音質ですというレポートが
あれば低域がですぎ、明瞭度があまりよくない等・・・
一体私の音はどんなん?
しかし後者のマイナスレポートは全てローカルやよくお話したり
アイボールもする方々。
どうもそちらの意見が正解なんだろうと思い、モニター&調整をしてみた。
使用リグ:IC7300 MIC ICOMSM50
比較のためにFT920 MIC MD100
受信は使い慣れたFT655+外付けのSP
そして別の部屋に設置。

幸いにも夫婦で免許があるので送信してもらったり
聞いてもらったりと(^_^)

まずはFT920で送信
メリハリのある輪郭のはっきりした音質
それでいて低域もそこそこ出ています。
元気な音質です。

で、いよいよIC7300
確かに低域がかなり出ています。そして高域が足りません。
眠たい感じの音質、確かに明瞭度にかけるかも。
迫力も不足しているので弱い信号に関しては不利かなぁ

そこで調整開始
IC7300の送信音トーンコントロールで
低域は+3
高域は+5
低域が出過ぎ感があるのに+3かよ!突っ込まれそうですが
高域を最高の+5に上げたので低域感が少し必要に感じます。
次に送信帯域、実はここが一番変化します。
WIDE,MID,NARの3つのうちWIDEの200を300にすると
かなりしまった音質になりました。
300から500にするとさらに大きく変化。
シャリシャリ感が一気にでます。この中間くらいが欲しいくらいです。
とらえず300で今回は落ち着きました。
(ほかの部分の数値はいろいろ変えてみましたが
ほとんど変化は感じませんでした。)
当初のもったり感はかなり解消されたのかな?と自分では思っています。
それでも920と比較してしまうと今ひとつ感残ります。
あとはまたローカルに聞いてもらうしかないかな。

#ヘッドホンでモニターしても自分の声はさっぱりわかりませんね(^^ゞ
comment (0) @ アマチュア無線