宮城県大崎市ひまわりの丘

2016/08/17
13日加美郡加美町移動はお昼に切り上げ
昼飯を食べた後は大崎市三本木にある「ひまわりの丘」に向かいました。
ここは春に菜の花畑になっていたときも訪れた場所です。
前日の月山高原のひまわり畑は人が少なかったので
特に何も気にせずに現地へ。
ところが・・・

DSC_0941.jpg

激混み!

大渋滞(;゜0゜)

駐車場までの1キロ以上渋滞!
駐車場に入るのに90分程かかりました。
これには参った!!

規模は昨日とは比較なりませんね(^o^)

DSC_0948.jpg

ただ、、、
残念なことに
ひまわりはすべて東に顔を向けています。
逆光にならないように撮影すると
全て後ろ向き~(T_T)

IMG_3887.jpg

IMG_3896.jpg

正面にまわると逆光で空の色が飛んじゃう~
ここは午前中にこないとうまく撮れないよぉ(T_T)

IMG_3893.jpg

それでも、見事ですねぇ

IMG_3901.jpg

IMG_3919.jpg

渋滞には参りましたが十分ひまわり堪能できました(^o^)
スポンサーサイト
comment (0) @ 宮城県

蔵の町村田

2016/07/17
千寿庵でのんびりしたあとは
道の駅村田に戻りお土産を購入。
そういえば村田町は3度目だがまだ町の散策は一度もしたことがない(^^ゞ
時間もあるので散策へでかけた。
道の駅から歩くとちと遠い(1キロ弱)ので町内のPへ車を移した。

VE160063.jpg

蔵の町並み・・・

VE160061b.jpg

VE160064.jpg

VE160065.jpg

この赤いポストは当然現役?

VE160066.jpg

画像左「大沼家」は無料で拝観できる。嬉しい(^o^)
撮影も問題なし。

VE160068.jpg VE160070.jpg

VE160073.jpg VE160077.jpg

何かとても懐かしい気分になる。

蔵の横へまわってみる

VE160079.jpg

こういう玄関は昭和生まれの私にも馴染みがある。

VE160080.jpg

米蔵、味噌蔵だそうです。

VE160078b.jpg

こちらは資料館。

蔵の町について(村田町ホームページより)
蔵の町並み
仙台と山形を結ぶ街道の分岐点として、商都の賑わいをみせた「村田」。村田商人は、伊達藩が栽培を奨励した紅花や藍を仙南地方で買い集め、江戸や上方へ運ぶ商取引を行っていました。当時の栄華を伝える豪勢な店蔵が、今も町の中心部に残っています。重厚な店蔵と門が一対となり、連続する景観が印象的で村田の特色といわれています。通りの両側には短冊形の地割りが整然と並び、江戸時代の「町人地」の姿を今に留めています。また、建築様式のみならず、江戸時代に活躍した村田商人の「紅花商い」を通じて、都から様々な文化がもたらされました。


通りを何百mにも立ち並ぶという町並みではないが
人通りも少なくとても散策しやすい(連休なのにこれでいいの?)
一通り巡ってさて帰ろうかと思ったが
ちょっと喉も渇いたし、もう少しこの町の余韻に浸りたい
お茶でも?
駐車場に戻りながらうろうろしていると「純喫茶無伴奏」という
なんかこの町には不似合いなカフェを発見。
とりあえず入ってみることにした。

店内はカウンターとテーブル席
とても広々としている
クラシックがBGM
店の片隅にアンプとアナログプレーヤーがあり
レコードに針が落ちていた
コーヒーもストレートコーヒーがあり
この店・・・ただものではないぞ!

思わぬところで美味しいコーヒーと一服(^o^)
(喫煙可)

余談ですが
この店の店主、めちゃ美人です(^^ゞ

連休初日、村田町で一日たっぷり遊んじゃった(^o^)
comment (0) @ 宮城県

圧巻大崎市菜の花畑(ひまわりの丘)

2016/05/05
美里町の運用で今回の移動は終わり。
午後からはお隣大崎市にあるひまわりの丘へ。
元々夏場はひまわり畑になりますが春は菜の花畑に!

IMG_3316.jpg

菜の花の香りでいっぱい!

DSC_0775.jpg

辺り一面びっしり
真っ黄色~

DSC_0780.jpg

連休中につきかなり混むのかなと思っていましたが
あまりに広大な畑でその混雑を感じさせません。
駐車場もたっぷりあります(協力金として1台200円)

IMG_3291.jpg

IMG_3305.jpg

ちょうど良い時期に遭遇できました。
もうたわわ、満開のピークでした。

次はひまわりのシーズンに来てみよう(^o^)
comment (0) @ 宮城県