襖の張り替え

2014/11/02
三連休初日は雨、、、
こうなるともう何処にも行かない・・タブン
三日間何もしないというのも時間の無駄なので、
襖の張り替えに挑戦してみた。
久しく張り替えていない、猫にぼろぼろにされた襖。
ほぼ諦めモードで放置状態だったが、あまりに酷いので(^^ゞ

まずはこんな状態

襖1

黄ばんでぼっこりと穴。元は小さな穴だったのに、、、
最近は枠をはずすことなく張り替えができる。

まずは穴の修理。紙をあててふさぐ。
(本来ならこれだけ重傷だと枠をはずして下紙を全面に張るのがベスト)
次に引き手を取る。

襖2

引き手の上下に小さな釘が打ち込んであるので
引き手の周りを薄手の平べったい金属で持ち上げると簡単にはずれる。
私は釘抜きを使用。ドライバー等でも問題ないと思う。

今回の襖紙はアイロンをあてて現在の襖の上から貼り付けるタイプなので
外枠が痛まないようにマスキングテープを貼る。

襖3

準備ができたら新しい襖紙を被せてアイロンがけ。
このとき縦の中心、横の中心から十字を引くようにしてアイロンをかける。
あとはシワががでないように外へ外へとアイロンがけ。
しっかり張り付いたら余分な部分をカットしマスキングテープを剥がしてできあがり。

襖4

あとは引き手を付けてできあがり。

詳細な張り方はyoutubeなどに動画で掲載されているので参考になるはず。

アイロンタイプの襖紙は2枚入りで1,300-1,500円程度で売っているので
自分で張ればけっこう安上がりです。



スポンサーサイト
comment (0) @ 未分類
障子の張り替え | 大田区下丸子蕎麦nicco

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する