シンゴジラ

2016/07/31
久しぶりに映画館で映画見てきました。
やはりDVDよりぜんぜん良いよねって、当たり前か(^^ゞ
29日に公開されたばかりの「シンゴジラ」
正直言ってあまり期待はしていませんでした。

冒頭で自分的にとてもリアルに感じたのは
アクアラインのトンネルに穴が開き浸水するシーン。
アクアラインはよく使うのですが常々、このトンネルに穴が開いたら
どうする?なんて思いながら運転していることが多いだけに
このシーンは怖かったなぁ(^^ゞ

いよいよゴジラが大田区蒲田に上陸するわけなんですが、
これがまたゴジラとは似ても似つかない生物!
えーーーっ!もしかしてゴジラ対○○なわけ?と一瞬がっかり。
ゴジラの対戦ものは好きじゃないんですよねぇ(^^ゞ
ところがこれがびっくり
そうきたかぁ~、今までのゴジラシリーズにはなかった展開です。
ゴジラが成長する変異するんですよ。
ummmmやられた

ゴジラが破壊する東京はとてもリアルです。
かつてのミニチュアの作り物を破壊するチャチな映像ではありません。
すべてCGでとにかくリアルです。

全体のストーリーとしては日本の政府の危機管理を皮肉ったようなストーリに
なっていますね。
どこか東日本大震災の時の状況?
変身前とりあえず一度ゴジラは海へ引き返してしまいます。
ここで国家は一安心してしまいます。
これは前震。
あとはどう対応するか面子ばかりを議論、
しかしその後いよいよゴジラになり再上陸、破壊の限りを
つくします。もう手のつけようのない破壊力。
これが震災の時の本震でしょうか。

ラストはとりあえず人類の勝利ということでしょうか?
ゴジラの動きは止めましたが
物語としてはそこまで。
続編を作れるようにしたのかな?

2時間飽きずに観ることができた娯楽作品でした。
スポンサーサイト
comment (0) @ 未分類
ポケモンgoの影響 | 夏だ!海だ!

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する