群馬県甘楽郡南牧村移動

2017/07/09
7月8日(土)超難関甘楽郡南牧村移動に挑戦してきました。
走行距離は自宅から150Km弱とお手軽な距離、超難関とは言え
都内までの直線距離は120km程度ですから多少山の中に入ってしまっても
なんとか飛ぶだろうと安易な考えはありました。
仮眠は下仁田ICからすぐの道の駅下仁田と決めていましたが、
到着してびっくり!大型トラックがたくさん止まっています。
そして例のよってエンジンかけっぱ。。。うるさくてとてもじゃないけど
ここでの仮眠は無理。10キロ走れば南牧村に道の駅があるので
急遽変更、道の駅南牧へ向かいました。こちらは下仁田とは打って変わって
誰もいない、静か、そして暗い(^^ゞ 淋しすぎるぅ~
おかげでゆっくり睡眠できました(^_^)
おかげでお目覚めは6時過ぎ。

VE080354.jpg

VE080357.jpg

道の駅の裏には南牧川が流れており水がとても綺麗です。

今回の移動では運用ポイントを2カ所ほど当たりをつけておきました。
とりあえず道の駅から数キロの第一候補へ。

DSC_1521.jpg

標高で5-600m程度のヘリポートのある広場です。
わかってはいましたが画像右側、こちらが都心方面。バッチリ塞がっています。
いまいち、いや今二つですね。
次に第二候補へ。

VE080362 (2)

県道92号線を進み蝉の渓谷というところを抜け石渡林道へ入ります。
この稜線に一カ所だけ運用できそうなポイントがあります。
林道自体は全面舗装ですが石ころや木々がごろごろ落ちていて
ちょろちょろと崖崩れおこしているような林道です。途中道路の半分ほど
土砂崩れで塞がってしまっているところもありました。
走っているだけでも恐怖を感じます。たぶん数日の前の大雨の影響?
林道を上りきったところに車が2,3台止まれそうなスペースがありました。
ここですと東京方面にはわりとよく開けていますがそれ以外は全てNG。
問題は背にする崖です。いつでも崩れますよ~状態。車を止めているだけでも
背筋がぞくぞくします。ここでお店広げる勇気はありません。
結局第一候補のヘリポート広場へもどりました。

DSC_1522.jpg

正面は西方向・・・飛びそうもない。

設営完了
DSC_1524.jpg

木々の隙間に見えている方向が南西。
真南から東は完全に塞がっていますのでとても良いロケとは言えませんね。
1エリアビーコン聞こえません。
2エリアビーコン当然聞こえません。
福島ビーコン519程度で入感。

運用結果は当然ながら散々(;_;)
ただ幸いにもSc発生のおかげで01234678エリアとは交信できました。
ちなみに都内の局との交信もScがらみです(^^ゞ
3時間ほどの運用で30局、さすがにお昼で飽きてしまい撤収~
交信局数は全く伸びませんでしたが全バンド通じて南牧村は初めてという方が
ちょろちょろいまして(^_^)。まあまあの移動かな?
山を下りて道の駅に戻りしばし休憩。

VE080365.jpg

道の駅の裏の川では水遊び。気持ちよさそう~。
南牧村でのお土産は地元の和菓子屋さんでお饅頭。

DSC_1526.jpg DSC_1541.jpg

5個で540円、一個がけっこう大きいです(^^ゞ
あっさりした餡の入っているお饅頭でした。

温泉は近所にみつからなかったのでお隣下仁田町にある荒船の湯へ。

DSC_1528.jpg

時間的に中途半端だったせいかとても空いていました。
露天風呂は貸し切り状態でのーんびりしちゃいました(^_^)

荒船の湯へ向かう途中にある254号線沿い、ちょっと目についたお店で遅い昼飯。

DSC_1532.jpg

この看板に惹かれて入店(^^ゞ

DSC_1531.jpg

味噌おでん食べ放題???
なかなか面白いシステムですねぇ

DSC_1529.jpg

店内にはお土産品が乱雑に・・・

味噌おでん食べ放題に惹かれて入りましたが、結局きのこうどんに決定。

DSC_1530.jpg

想像とは違うビジュアルでうどんが運ばれてきました。
キノコは入っていますが茄子やキャベツも入っています。
それにおかずが3品!これで500円ですから太っ腹~
お味は?というととても家庭的なお味。とても曖昧な表現ですが(^^ゞ


南牧村~下仁田町~254号線を走って荒船温泉(内山峠手前まで)
車も人も少なく山間ののんびりドライブが楽しめた一日でした。
スポンサーサイト
comment (0) @ 1エリア
寄居パーキングエリア | 地震多いなぁ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する